無料ブログはココログ

« 私の記憶14 1948年夏から1950年 | トップページ | 宇治分校 (1) »

2016年5月22日 (日)

私の記憶15 ジェーン台風

鶏を飼っているといつも卵が食えるのと、卵を産まなくなった鶏の料理にあずかれるから好都合だ。 父が休みの日などで、家族で鶏料理をしようとなると私たちは嬉しくなって自然とよだれが口の中に湧く。 
父は鶏小屋から目あての鶏を庭へ引っぱり出すと、一瞬のうちに首をひねって頭を包丁でストンと切り落とす。 しばらくして血抜きが終わり、首をにぎって私たち兄弟に「羽をむしってこい。」と差し出す。  私たちは喜んで首をぶら下げて南の沼に駆けつける。 
手当たり次第にむしる。 むしった羽は沼の水にふわふわ浮いて、風に吹かれてただよう。
殆ど丸裸にむしって、意気揚々と帰る。 
父は庭で板の上で包丁で巧みに解体をはじめる。 手羽とモモを切り離す。 胴体に包丁を入れ、内蔵を取り出して私たちに説明する。 
これは餌袋、胃、肺、心臓。  それは腸、肝臓、腎臓、卵巣・・・・。  
内蔵は味付けして炊いたり炒めたり。 胴体は中に詰め物をして蒸し焼きにすることもある。  手羽やももは骨のまま炒められることもあれば、むしってかしわ飯となることもある。 とにかくごちそうだ。
 
さて、2学期がはじまって、1950年9月3日は休みだった。
朝から強い風が吹いている。 家もなにやら揺すられているようだ。 木切れやらトタンやらが吹き飛ばされてゆく。 ラジオはジェーン台風が大阪湾に向かっているといっている。 人々が頭に布団などを載せて逃げてゆく。私と弟は北側の窓から面白がって眺めていた。 隣の人が玄関の戸をたたく。 「高潮が来るぞ!!!学校へ逃げろ!!!」。
犬は鎖を放たれ、父と鳥小屋の鶏は家にのこる。 母と弟と私は毛布を頭にかぶり学校へ走る。
 
私たち親子3人が学校の2階へかけあがったころには、すでに大勢の人たちが避難してきている。 やっと階段をのぼって2階についたとき水が運動場に入ってくるのが見えた。 教室では大人たちは口々に風の恐ろしさや水に追いつかれたことなどをしゃべっている。 
私たち子供は廊下をかけまわり、友達を見つけて3階へ行ったり、まるで遠足の合宿気分である。 
 
やがて夜になる。 水もいつのまにかひいてしまっている。 やがて大人たちは協力して炊き出しを始め、皆ににぎりめしが配られた。 いつもは麦飯をくっているので、炊き出しの銀シャリのにぎりめしはとくにうまい。 
夜にはあちこちロウソクの火がともる。 
人々の話しから我が家は床上浸水一尺。 父も犬も鶏11羽も無事なようだ。 私たち3人は今夜は皆と教室で泊まりだ。 
 
翌日家に戻る。 まずは、鎖から離れていた犬は大喜び。 さっそく残飯を食って、鎖につながれる。 鶏たちも小屋に戻る。  
床上浸水一尺。 畳、ふすま、衣類は汚水を吸っている。 まずは畳は隣近所の男たちが協力して、外へ出して水を繰り返しぶっかける。 押入れの中の下の段の衣料は大半が水を吸っているので水につける。  
家が小さいから私たちには殆ど家具はない。 畳が乾くまでは数日かかる。 暑い時期なので、夜は畳なしで板の上に毛布をひいて横になればよい。 ふすまは濡れた場所に水をかけて乾かしてから無理してもとに戻す。
数日して登校した。 校庭には数家族がテントやら掘っ立て小屋をたてしばらく生活した。 教室ではいろいろな地方からの慰問品が配られた。
 
さて、世の中はめまぐるしい。 お隣の朝鮮半島はいくさのまっただ中。 米軍は今にも追い落とされそうだったが。 9月15日に仁川上陸を強行し、北鮮の首都平壌を陥落させた。 南鮮の先端まで補給線の伸びきっていた北鮮軍は補給路をたたれ劣勢に。 勢いにのった米軍は北鮮軍を追い上げついに鴨緑江に。 いまにも国境線を越えるかと見る間に、中国の百万の人民解放軍がわっと北から押し寄せた。 ソ連の空軍も金日成を応援した。 戦線は北緯38度線まで戻り膠着した。
 
話をもとへもどすと、私たちの市のジェーン台風による被害は甚大だったが、現代に比べて、復興は速かった。 
なぜなら、一般に人々はずっと貧しく、失うものが少なかったと同時に戦災や天災に慣れていてタフだったのだろう。
この後からは食糧事情も暮らし向きも徐々によくなり、以後私はもう長いあいだ引越しすることもなく日々の生活は平穏になった。 思い出すこともずっと減ってしまったので、ここで筆をおくこととする。
(おわり)

« 私の記憶14 1948年夏から1950年 | トップページ | 宇治分校 (1) »

コメント

鶏はごちそうでした、親父や叔父さん達が巧みにさばいてました。首を落とされた鶏がそこいらを走り回っていた記憶があります。今では懐かしい想い出ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598107/63668919

この記事へのトラックバック一覧です: 私の記憶15 ジェーン台風:

« 私の記憶14 1948年夏から1950年 | トップページ | 宇治分校 (1) »